<< 川満陽香理プロ2位でした! | main | カウンターバランスとは違います。 >>
2018.10.04 Thursday

グリップは重い方が良い理由

0

    私の提案について説明します。

    今までのセオリーではゴルフクラブにおける「方向性」「飛距離」はヘッド、シャフトにお任せで、グリップは滑らなければ良い!という感じでした。

    ですが、ゴルフクラブは大きく分けて3つのアイテム「ヘッド」「シャフト」「グリップ」で成り立っているのに、あまりにもグリップのことを追求していないのではないか?という観点からグリップについて研究してきました。

    結果、グリップの重量と太さは「ヘッド」「シャフト」と同じくらいに「方向性」「飛距離」に影響を与えることがわかりました。

     

    理由は以下です。

    .ラブの全重量が重くなり、インパクトエネルギーが大きく飛距離がアップする。

    ▲ラブの重心位置が手前側に寄り(約10〜200mm)、クラブコントロールが容易になることで方向性がアップする。

    ヘッドに鉛を貼ることと比較して、手首に掛かる負担が約80%前後減り、正確性なインパクトができることで方向性、飛距離がアップする。

    ぅ悒奪匹鳳瑤鯏修襪海箸犯羈咾靴董▲ぅ鵐僖トまでシャフトのしなりが少ない事で方向性がアップする。

    ゥぅ鵐僖トでグリップの重さがヘッドに伝わることでボールとの密着時間が長くなり、飛距離がアップする。

    Ε哀螢奪廚太いため、強く握らなくても滑らず安定することで(特に右手)、飛距離、方向性がアップする。

     

    と言うものです。

    これを読んでもなかなか理解するのが難しいかもしれませんが、少なくともグリップでこんなこともできるんだ!という事がお分かり頂けると思います。

    下の写真はノーマルのグリップを装着したクラブと、弊社のN1−135を装着したクラブの重心位置の比較です。

     

    20181004_1675681.jpg20181004_1675679.jpg20181004_1675683.jpg

     

    こんなに手前になるんですよ!

    余談ですが、少年野球で使用しているバットが約800g前後あるのに、なぜ振れるかと言えば全長が短く重心位置が手元側にあるからなんです。

    ゴルフって不思議ですよね、お年を召した女性でもドライバーは280g前後、若い力のある男性でも320g前後。

    おかしいでしょ!

    少なくとも弊社は疑問を投げかけます。

    クラブを変えるのも良いですが、グリップに2700円を掛けるのも悪くない選択と思います。

    (ただし、バランス調整は出来るだけ控えてくださいね。)

    初めは違和感があるかもしれませんが、間違いなく皆さんのお役にたてると確信しています。

    宜しくお願いいたします。

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    JOPピック Official site JOPピック オフィシャルショップ
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM