<< 南秀樹プロコーチが写真を送って下さいました。 | main |
2017.07.28 Friday

リッキーファウラーも短尺ですね!

0

    最近の話題としてリッキーファウラーの好調さが言われていますが、彼もドライバー短尺にしてるのですね!

    実は弊社のウッド・アイアン用のN1,W1,S1も短尺にして正確性を増し、かつ飛距離を落とさないように慣性モーメントを増す!というコンセプトから成り立っています。

    実際私も43インチのドラーバーを使用していますが、N1−135を装着してかなり良い結果が出ています。

    また、シャフトを短くしなくても弊社のグリップを装着して1〜1.5インチ短く持つのも良いと思います。

    弊社の理論はヘッドの重量を上げるよりグリップの重量を上げて手首の負担を軽くして曲りを抑えるという考えですので、正直弊社の理論の方が効果は大きいと思っています。

    ですが、よく皆さんに「カウンターバランスですね。」と言われますが、違います。

    弊社のグリップは形状が同じでもゴムの材質の比重を変えて全体のバランスを取っていますので、カウンターバランスのようにテールに重量が集中してスイング中にヘッドが浮くことはありません。

    ですのでクラブのバランスを取る必要が無く、AでもBでもバランスに関しては関係ありません。

    ご自身が振りきれる重さであれば問題ありませんし、重い方が確実に飛距離は伸びます。

     

    今月の月刊GDさんにシャフト長さのデータが載っていますので、ご確認ください(CMでお世話になっているのでお許しくださいね)。

    ホント、効果絶大ですよ!

     

    20170728_093943.jpg20170728_093953.jpg

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    JOPピック Official site JOPピック オフィシャルショップ
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM