<< パーゴルフさんに登場! | main | VISA太平洋マスターズです。 >>
2014.11.12 Wednesday

JOP Gripの重さについて。

0
     昨日お客様よりお便りをいただき、「初めてJOP Grip使用するので重量が重いことが心配です」という事でした。
    その件につきまして、回答をさせて頂いたのですが、同じ不安を持たれていらっしゃる方も多いと思いますので、お客様に回答した内容を皆様にも説明させていただきます。

    「グリップの重量についてですが、私の理論ではパッティングのストロークを安定させるには、相対的にパタークラブの重心をできるだけ手元側にしたほうが良い。
    というものがあります。
    それはパッティングというものはヘッドを振るのではなく、クラブの重心を振るものだと思っているからです。
    確かに+100gがヘッド側にあったら重くて振れませんが、グリップでしたらノーマルと比較して100g重くてもそんなに抵抗はありません。
    ドライバーを振るときに腕時計をしていても飛距離が変わらないのと同じです。
    ましてやパッティングですから、尚更です。
    それよりも手元に重心が寄ることのほうが遥かにストロークは安定します。
    また、ご購入いただきましたら説明書をお付けしますが、グリップの中央を握っていただきますとグリップの太さが一律ですので、全体に重量が分散している
    ことにより、グリップ自体が安定します。」

    という内容ですが、一部付け加えてあります。
    皆様も重量に関してはご心配なく、とにかくストロークしてみればその感じがつかめると思います。

    下の写真は、それぞれのGripによる重心位置の違いをテープを巻いて示してありますので、ご覧ください。
    こんなに違うんですよ!

    一番上がNO1,次がNO2,次がNO3で、一番下がノーマルです。
    それぞれ重心位置が110、100、50mmづつ手元側に寄ります。
    どのグリップをお選びいただくかは客様のお好みですね、よろしくお願いいたします。

    2014111209580000.jpg

    宜しくお願いいたします。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    JOPピック Official site JOPピック オフィシャルショップ
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM