2018.12.07 Friday

ジュリー!!!

0

    久々の音楽ネタです。

    最近何かと話題の沢田研二さんことジュリーですが、私の若かりし頃は本当にかっこよかったですよ!

    特に私は「サムライ」が大好きでした。

    こんなに素敵な歌と表現は彼でないとできません!

    是非お聞きくださいhttps://www.youtube.com/watch?v=lu8qf3xHQvc

    惚れちゃいますよ(笑)!

     

    20181207_1722904.jpg

    2018.11.13 Tuesday

    W1−80S販売開始です!

    0

      昨日ご紹介しましたW1−80Sを販売開始いたしました!

      ぜひ皆様お試しください。

      新しい世界がきっと待っていますよ。

      宜しくお願いいたします。

       

      20181113_1705984.jpg20181113_1705982.jpg

      2018.11.12 Monday

      W1−80S新発売!

      0

        皆様にはおなじみのW1−80ですが、今回少し柔らかめで色がスカイブルーというW1−80Sを新発売することになりました。

        私もテストしていますが、今まで以上に滑りにくく、柔らかな感じがとてもGoodです!

        皆様も是非お試しくださいね。

        なお、素材が柔らかなために、シャフトに装着後はよく溶剤を乾かしてしっかり密着してからご使用ください。

        このように紹介しておりますが、製造上りが本日ですのでサイトにはまだ販売されていませことをご容赦ください。

        近日中には準備いたしますので、ご用命お待ちしております。

         

        20181112_1705172.jpg

        2018.10.05 Friday

        カウンターバランスとは違います。

        0

          N1,W1,S1グリップはよくカウンターバランスですよね!と言われますが、違います。

          一般的にカウンターバランスは「ヘッドとグリップエンドに重りをつけ、バランスを取る」というものですが、弊社のグリップはヘッドに重りをつけるという考えではありません。
          グリップの重さを生かして、そのエネルギーをシャフト→ヘッド→ボールに伝えて飛距離を出す!と言うもので、その為にはグリップ本体のバランスがとても重要です。

          カウンターバランスのようにテールに重量が集中しますと、スイング中左右の手を中心としてテールに下向きの力が発生し、結果ヘッドは上に行こうとすることでトップボールが発生しやすくなりますから、どうしてもヘッドに重さが必要になります。

           

          弊社のグリップは重りをつけて重量調整をしていません。

          コストは掛かりますが、各重さに合わせてゴムの比重を変えて重量調整をしていますので、振ったときの動バランスがくずれることを極力排除しています(PAT出願中)。

          写真のようにW1では3種類の重さがありますが、全てグリップの〇点でバランスが取れています。

          つまりこの位置を左右の手の真中で握れば、クラブのテールやヘッドが上下に振れることはほぼありません。

          プレイヤーにとっては腕時計をはめてスイングしているのと同じ感覚ですが、腕時計ではクラブの重心位置が手元側に来ませんのでグリップの重量を増やす方がはるかに振りやすくなります。

          皆様が初めて手にした時「うん?ちょっと重いな。」と違和感を感じるかもしれませんが、クラブは振って使うものです。

          重さによるバランスになれましたら方向性と飛距離に安定感が出るのをお分かり頂けると思います。

          是非お試し下さい。

           

          20181005_1676673.jpg20181005_1676675.jpg

           

           

          2018.10.04 Thursday

          グリップは重い方が良い理由

          0

            私の提案について説明します。

            今までのセオリーではゴルフクラブにおける「方向性」「飛距離」はヘッド、シャフトにお任せで、グリップは滑らなければ良い!という感じでした。

            ですが、ゴルフクラブは大きく分けて3つのアイテム「ヘッド」「シャフト」「グリップ」で成り立っているのに、あまりにもグリップのことを追求していないのではないか?という観点からグリップについて研究してきました。

            結果、グリップの重量と太さは「ヘッド」「シャフト」と同じくらいに「方向性」「飛距離」に影響を与えることがわかりました。

             

            理由は以下です。

            .ラブの全重量が重くなり、インパクトエネルギーが大きく飛距離がアップする。

            ▲ラブの重心位置が手前側に寄り(約10〜200mm)、クラブコントロールが容易になることで方向性がアップする。

            ヘッドに鉛を貼ることと比較して、手首に掛かる負担が約80%前後減り、正確性なインパクトができることで方向性、飛距離がアップする。

            ぅ悒奪匹鳳瑤鯏修襪海箸犯羈咾靴董▲ぅ鵐僖トまでシャフトのしなりが少ない事で方向性がアップする。

            ゥぅ鵐僖トでグリップの重さがヘッドに伝わることでボールとの密着時間が長くなり、飛距離がアップする。

            Ε哀螢奪廚太いため、強く握らなくても滑らず安定することで(特に右手)、飛距離、方向性がアップする。

             

            と言うものです。

            これを読んでもなかなか理解するのが難しいかもしれませんが、少なくともグリップでこんなこともできるんだ!という事がお分かり頂けると思います。

            下の写真はノーマルのグリップを装着したクラブと、弊社のN1−135を装着したクラブの重心位置の比較です。

             

            20181004_1675681.jpg20181004_1675679.jpg20181004_1675683.jpg

             

            こんなに手前になるんですよ!

            余談ですが、少年野球で使用しているバットが約800g前後あるのに、なぜ振れるかと言えば全長が短く重心位置が手元側にあるからなんです。

            ゴルフって不思議ですよね、お年を召した女性でもドライバーは280g前後、若い力のある男性でも320g前後。

            おかしいでしょ!

            少なくとも弊社は疑問を投げかけます。

            クラブを変えるのも良いですが、グリップに2700円を掛けるのも悪くない選択と思います。

            (ただし、バランス調整は出来るだけ控えてくださいね。)

            初めは違和感があるかもしれませんが、間違いなく皆さんのお役にたてると確信しています。

            宜しくお願いいたします。

             

             

             

            2018.09.25 Tuesday

            川満陽香理プロ2位でした!

            0

              先週の9月19〜21日に行われましたステップアップツアー「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」で弊社のグリップを使用しています川満陽香理プロが惜しくも2位でした。

              私もTVをチェックしながら仕事をしていましたが、気が気ではありませんでした!

              正直16番ホールくらいまでは川満プロの優勝だな!と思って観ていましたが、さすが上原美希プロですね、17番をバーディーとして並び、18番もセカンドを1.5m位につけバーディーで決着を付けました。

              私も川満プロの18番のバーディーを期待していましたが惜しくも外れてしまいました、残念!

              ですが、あのコンディションの中12アンダーは素晴らしいスコアだったと思います。

              川満プロの5年ぶりの優勝が無くなったのは残念でしたが、上原プロが強かったですね!

              でもがっぷり四つに組み合った優勝争いはとても面白かったです。

              普段川満プロも上原プロも試合会場では良く話もしますし、冗談を言い合えるとても素晴らしい人間性を持った方たちです。

              私思うんですが、ゴルフ5さんに所属しているプロや関係者の方々って、会社の指導とか方針もあるかもしれませんが、本当によい人柄の方たちです。

              個人的にも大高部長さんは私の所属しているコースの仲間で、顔見知りですし、当然ゴルフも上手く今年のクラブチャンピオン候補です。

              また、若いころはアルペンスキーの日本代表として活躍していたスポーツマンです!

              きっと彼の指導も良いんでしょうね。

              てか、そういう愛される人柄の人を所属にしているのかもしれません。

              素晴らしいです!

              みなさん、ツアーも楽しいですが、ステップアップツアーも身近で楽しく、真剣な勝負を見られますので、是非会場に足を運んで下さい。

              最後に素敵な笑顔をどうぞ。

               

              20180922_1667560.jpg20180922_1667558.jpg20180922_1667564.jpg20180922_1667562.jpg

               

              2018.09.24 Monday

              みなちゃん、塚田プロ、お疲れ様でした。

              0

                前回ご案内いたしました「24時間ギネス挑戦!」ご覧いただけましたでしょうか?

                美しい風景とコースに心和む、どころじゃないですよね!!!

                みなちゃんは若いからまだしも、塚田プロ48歳?の年齢からしたらメチャクチャ凄いですよね!

                やはりアスリートの体力はハンパないです。

                あらためてお二人の活躍を見て体力の大切さを知りました。

                私もスコアアップのために、あれから少しづつですが体鍛えております(笑)!

                でも、みなちゃんは私の見る限り「余裕」でラウンドこなしてました。

                明るい笑顔と正確なショットで観ているこちらも引き込まれていきました。

                2時間という長い番組でしたので見どころはたくさんあるのですが、とりあえず少しだけ映像をご紹介します。

                見忘れた方は、また再放送があると思いますので是非ご覧ください。

                本当にお疲れ様でした!

                 

                20180922_1667666.jpg

                20180922_1667668.jpg20180922_1667670.jpg20180922_1667672.jpg20180922_1667674.jpg20180922_1667676.jpg20180922_1667680.jpg20180922_1667686.jpg

                 

                 

                 

                2018.09.10 Monday

                中山三奈プロ フィンランドで24時間ゴルフに挑戦!

                0

                  私と仲の良い「中山三奈」プロが「塚田好宜」プロとともに7月、フィンランドのサンタクローズ(日本ではサンタクロースでしょうね!)で24時間ゴルフ ギネス144バーディーに挑戦しました!

                  いつも元気な中山プロですが、さすがに24時間はきついかな?と思いましたが、あっという間だったそうです!

                  さすが鉄人ゴルファーです(笑)。

                  美人で元気で笑顔の絶えない超性格の良い中山プロは、私のように普段どうしてもプロゴルファーに気を使ってしまう身にとって本当に心が救われる大切な存在です。

                  さて、結果は?

                  16日 日曜日PM9時からBSフジで放送されますから皆さん是非ご覧ください!

                  メチャ楽しいですよ。

                   

                  20180910_1658544.jpg

                   

                   

                  2018.09.05 Wednesday

                  男鹿ゴルフクラブ

                  0

                    少し前の話になりますが、秋田に市場調査に行ってきました。

                    各販売店様を回りながら情報を得たり、お話を伺いながらの旅になりましたが、久しぶりに男鹿ゴルフクラブさんに寄らせていただきました。

                    ちなみに一人ですからプレーはできませんでしたが(残念)!

                    ゴルフ漫画の「風の大地」を読んで、いつかはプレーしてみたいと思っている憧れのゴルフ場ですので、今度は友人とプレーしたいと思います。

                    シンプルな造りですが、寒風山の強い風が吹いたらもの凄く難しいでしょうね!

                    楽しみです。

                     

                    20180905_1655525.jpg

                     

                    その後寒風山のレストハウスが何かレトロな感じで心を惹かれ、思わず立寄り昼食となりました。

                    色々メニューがありましたが、しょっつるで味付けした焼きそばが美味しそうでしたのでオーダーしましたが、店員さんが優しくてライス、味噌汁、漬物、コーヒーをサービスしてくれました、感激!

                    ちなみにムチャ旨かったです。

                     

                    20180905_1655519.jpg20180905_1655521.jpg

                    20180905_1655523.jpg

                     

                    それから少し足を延ばして男鹿半島の先端に行きましたが、とても雄大で素晴らしい景色でした。

                    また何度でも来たくなりますね!

                    秋田といえば「なまはげ」です。

                    私もう少しで「まるハゲ」になりそうですが(笑)。

                     

                    20180905_1655527.jpg

                     

                    このあと温泉で体を癒して帰路に着きました。

                    みなさんも是非心のふるさと秋田にお出かけください。

                    きっと心が和むと思いますよ。

                    2018.07.23 Monday

                    Waggle 9月号

                    0

                      Waggleの9月号に南秀樹先生のパッティング理論が掲載されています。

                      いつもそう思うのですが、一般的にパッティングの指導って結構最後はフィーリングみたいな感じでごまかされてしまう、ってか「上手くいかなくてもしょうがない」みたいな感じのものが多いのですが、南先生はあやふやなところがまるで無いんですね!

                      プロコーチとして自分の理論に絶対的な自信を持ち、上手くいかなかったら全責任を取る!というまさしくプロフェッショナルな指導が素晴らしいと思います。

                      わたし自身も南先生の「押す」感覚を大切にしてパッティングをしていますが、本当に良く入ります(笑)。

                      1ピン以内なら80%くらいは入ってるんじゃないかな?と思います。

                      先日も小樽カントリークラブでラウンドしましたが、7400ヤードを超す長いコースですが、パッテイングのおかげで3バーディーを奪うことができました(スコアは内緒)!

                      正直私の周りのライバルにはいつもパッティングに負けたと言われますが、パター用品の関係者としては大変光栄に思っています(大笑)!

                      それもこれも南先生のおかげです。

                      皆さんも是非今月発売のWaggle9月号をご覧になって、南先生のパッテイング理論をものにしてくださいね。

                      私も最初はなかなか上手くいきませんでしたが、慣れてくると本当にラインに乗るんですよ!

                      ドライバーで10ヤード飛ばすより、パターでスコアアップが一番です。

                      トライしてみてください。

                      なお、レッスンでご使用して下さっているパターグリップはJOP 6−0°です。

                      このグリップも南先生の理論に基づいて製作したグリップですので、きっと皆さんのパッティングのお役にたてると信じています。

                      お試しくださいね!

                       

                      また、後ろのページを見て驚きましたが、私の所属しているコースの研修生、キャディーとして勤めていた「吉本舞」さんの記事が載っていました。

                      彼女は本当にまじめな性格で気配りのできる優しい方です。

                      おまけに米倉涼子に似た美人!

                      今は東京に出て、レッスンの仕事をされているようですが、きっと良いレッスンをしてくれると思います。

                      皆さんもぜひぜひレッスンを受けに行ってくださいね。

                      レベルアップ間違い無しですよ!

                       

                      20180723_073455.jpg20180723_073440.jpg20180723_073508.jpg20180723_073852.jpg

                       

                       

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      JOPピック Official site JOPピック オフィシャルショップ
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM